忍者ブログ
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


平日の夕方、
じっくり鑑賞できました。

やっぱり美術館は
わたしのパワースポットです。

フランダースの光
~ベルギーの美しき村を描いて~


会 期:    2010年9月4日(土)~10月24日(日)
        (開催期間中無休)
開館時間:10時~19時
        (毎週金・土曜日は21時まで)
会 場:   Bunkamuraザ・ミュージアム

ベルギー北部の
フランダース(フランドル)地方にある
ラーテム村

19世紀末から20世紀初頭にかけて
のどかな田園の広がるこの村に
都市の喧騒を離れた芸術家たちが
制作の場を求めてきました。

今回、
ラーテム村で制作された
89点の作品が
3つの世代に分かれて
展示されています。

第一章~精神的なものを追い求めて~
第二章~移ろいゆく光を追い求めて~
第三章~新たな造形を追い求めて~

「光」とは、
フランダースの輝きであると共に、
芸術家たちの魂の解放と
その個性を表しているのだそうです。

私は今回、
第二章に魅せられ
しばしその部屋にとどまりました。

エミール・クラウス
 《ピクニック風景》
太田喜二郎
 《樹陰》
などなど。

↓は《ピクニック風景》のクリアファイルです。
P2010_0918_001755.JPG

なかにチラシを入れると↓
P2010_0918_001900.JPG

もちろん、
絵にはこんな仕掛けは
ないのですが^^;

エミール・クラウスの風景画は
光の表現なのか
3Dのように感じました。

P.S.
先日、いけめんシャガールと書き込みましたが
今回展示されてた写真ではフツーでした^^;

拍手

PR

ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
菜っ葉
バーコード
天気予報

Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]