忍者ブログ
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


台風も去った秋分の日、
損保ジャパン東郷青児美術館の特別展
モーリス・ドニ-いのちの輝き、子どものいる風景-
を観てきました。

モーリス・ドニ(1870~1943年)は
19世紀末から20世紀前半にかけて活躍した、
フランス象徴派を代表する画家で、
今回はタイトルにあるように
「子ども」や「家族」を主題とした作品
(絵画、素描、写真、その他資料など)
約100点が展示されていました。

会期:2011年9月10日(土)~11月13日(日)
時間:10:00~18:00
   ※入館は閉館の30分前まで
休館:月曜定休(但し10月10日は開館)

何点か、絵の情景の元となった写真も
展示されていました。

子供の可愛らしさだけなら
たとえ白黒でも
写真の方が伝わってきます。

でもそれだけじゃない、
けど強要するわけでもない
メッセージ性と信仰を含む芸術性が
絵画から伝わってきました。

ドニは家族を芸術の中に
永遠に残したようにも思います。

ところで
この美術館で鑑賞するのは
これが初めてなので、
正直、ゴッホの「ひまわり」
気になっていました。

写真で見て、
さらに想像で補っていたかもしれない
イメージからすると、
迫力なくて、でもその分ホッとするような
もう一度見たいような、そんな印象でした。

その他の常設展示としては、
東郷青児とグランマ・モーゼスの作品が
数点展示されていました。

私自身の好みとしては^^
この二人の作品が好きです。
最後に、しばし作品の前に佇み
至福の時を過ごしました。

拍手

PR

ブログ内検索
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
菜っ葉
バーコード
天気予報

Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]