忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




本日がラストデーでしたが
2週間ほど前に
観てきました。

―きらめく装いの美―
香水瓶の世界 Perfume World

会場:東京都庭園美術館
開催期間:2010年9月18日(土)~11月28日(日)

香水の始まりは2千年ほど前。
香りを神に捧げ
願いを煙に託したそうで
「香水(perfume)」の語源は
「煙によって」だとか。

そして、その器たる香水瓶も
時代とともに変遷した芸術作品。

ということで、

古代の石材やガラス製の香油瓶、
セーブル、マイセン、チェルシーの磁器、
バカラ、ラリックのガラス、
ディオールなどの服飾メゾンの香水瓶、
ファベルジェやブシュロンの香水瓶のほか
版画、絵画等も合わせ
約350点の展示を鑑賞し、
香りの文化と歴史を辿ってきました。

20世紀になると、
香水瓶とともに
そのポスターも製作され
こちらも芸術作品といえそうです。

この秋に訪れた、
箱根ラリック美術館。
そして夏の終わりに観た
「アール・ヌーヴォーのポスター芸術展」。
そのいずれとも繋がり、
至福のひと時でした。

会場の東京都庭園美術館
朝香宮邸として
昭和8年に建てられた、
アール・デコ様式の建物。

広々と緑の広がる庭園と共に
見どころたっぷりです。

たとえ紅葉してなくても^^;
充分楽しめました。

夕暮れには
庭園の片隅、正門に入ってすぐ左手の
cafe「茶酒」にて

食事と


デザートも
デザートデザート

館と庭園をより楽しむには
次回の企画展
朝香宮グランドツアー
(12/1~1/16)
も期待できそうです。

また、庭園は12/27まで
紅葉ライトアップを
実施しているそうです。

拍手

PR

先月訪れたポーラ美術館では
「アンリ・ルソー展」を
やっていました(今もやっています)。



期間:2010年9月11日(金)~2011年3月13日(日)
開館時間:9:00~17:00(会期中無休)
出品作品:油彩画43点、水彩画・鉛筆画など約6点の合計約50点

第1章 ルソーのパリ 世紀末都市のパノラマ
第2章 ゴーガンとルソー 熱帯への憧憬
第3章 ルソーの夜会とモンマルトルの画家たち
第4章 ボーシャンとボテロ 絵画における素朴
第5章 岡鹿之助 日本とルソー



最初の章で観た、
絵本のような風景画に惹かれました。

絵ハガキは
アンリ・ルソー「エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望」と
杉山寧「水」の2枚を購入。



さらに常設展も充実していて、
楽しめました。



美術館自体が
緑豊かな風景画の中に
存在する様です。



周りには
ヒメシャラの木々が多く
褐色の木肌が印象的。



カフェも美術館らしく
おしゃれですが、
ちょっと落ち着かないです^^;



でもケーキはオイシ^o^♪

拍手


箱根ラリック美術館は、
ルネ・ラリック(1860~1945)の
ジュエリーやガラス、
室内装飾などの作品を
コレクションし、
彼の生涯を綴っています。

ラリック美術館

ラリックは
アール・ヌーヴォーと
アール・デコの時代を
生き抜いた、
宝飾とガラス工芸家です。

ラリック美術館

溢れるほどのデザインの力に
圧倒されつつも、
その作品に囲まれ
鑑賞できるのは
至福の時でした。

ラリック美術館

ラリック美術館

ラリック美術館の敷地は、
以前は銀行の保養所だったそうで、
庭園も素敵です。

ラリック美術館(庭園)

モミジやケヤキ、イチョウ、
クヌギといった大木が、
保養所時代から
そのまま残されています。

ラリック美術館

今頃は、素晴らしい紅葉が
楽しめるのではないでしょうか。

庭園

10月下旬に訪れた私は
ゆっくりと緑を楽しんできました^o^

庭園

拍手


もう先月の話になってしまいましたが^^;
10月下旬に、
ポーラ美術館
箱根ラリック美術館
ういろう博物館
に行ってきました。

まずは、
ういろう博物館

「ういろう」といえば
世間では名古屋のお菓子。
でも小田原ではお薬。
我が家でもお薬。
胃と喉によく効くのです。
小田原の「ういろう店」でしか売っていない、
貴重なお薬です。

ういろう店(小田原)

小田原のお店には
お菓子の「ういろう」も
売っていましたので、
今回初めて口にしました。
お店の横には
喫茶店もあります。

ういろう 喫茶店

お菓子の「ういろう」も
薬の「ういろう」も
実は元々、
同じ外郎(ういろう)家のもの。

お菓子は室町時代に
京の戦火を逃れた職人さんたちによって
全国に伝えられ、
お薬は外郎家が小田原で
一子相伝で現在に伝えているそうです。

ういろう博物館は
小田原のお店の奥に
こっそりひっそりあって、
お店の人に言うと、
案内してくれました。

小田原城 開門!

帰りは小田原城にも
行ってきました。

天守閣から

天守閣からの眺めは最高です。
庭園も緑豊かで、
お堀には随分とりっぱな鯉が
たくさんいました。

お堀の鯉

拍手


ハービー・山口 写真展:1970年、二十歳の憧憬
 そして
近藤 晃 写真展:「羽田空港を見つめて35年」

いずれも東京・品川の
キャノンギャラリーにて。
秋晴れの週末に。

ハービー・山口写真展は
氏が二十歳前後当時に撮った、
未発表のモノクロ作品約70点を展示。

当日は氏の講演会もあり。

写真展オリジナル曲に
のせたスライドショーが
なかなか良かった。

トークの方は、
オヤジギャクというか(-.-)y-~
キミマロトークというか(-_-)
セッキョウトークというか(-0-)

雑談(?)部分はイマイチだったが(^^);;;
写真や歩んできた道のりについて、
やはり興味深い話だった。

写真展の方は、
講演会の前後にじっくりと見入った。

返還前の沖縄、
氏の母校、
どこかの街、
茅ヶ崎の浜辺、
学生運動 etc.

みんなイイ顔してる。



羽田空港の方も
なかなか見ごたえがあった。

こちらは今月運用開始の
羽田空港D滑走路完成を記念した
写真展とか。



空と飛行機、
やっぱり絵になる。



操縦席は、
やっぱり特等席。

ここから撮った空の写真展、
どこかでやらないかしらん。

他に「要人」コーナーでは
羽田空港での
昭和天皇、ダイアナ妃、
髪が結構黒い小泉首相(当時)ほか。

35年の時の流れを感じた。

拍手


ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール
HN:
菜っ葉
バーコード
天気予報

Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]