忍者ブログ
[55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


シャガール展を観てきました。

若き日から晩年までの写真が何点もあり、
つい、表題のような感想に^^;

8/24(火)12時半ごろ会場に到着。
あまりの暑さゆえか、
すいてました。

そのちょっと後ぐらいから
人が増えましたが
それでも混んでいるというほどではなく、
ゆっくり、じっくり
鑑賞することができました。

絵と絵の間もだいぶ間隔をもって
展示されているため
落ち着いて観れます。

反面、
展示作品の数に
物足りなさも感じました。

これだけじっくり見ても
正味1時間とかからず。

途中、映画上映がありましたが
これは全部見ると
1時間弱になります。

さて、
美術展の正式名称ですが、
長いです。

ポンピドー・センター所蔵作品展
シャガール―ロシア・アヴァンギャルドとの出会い~交錯する夢と前衛~
Marc Chagall et l'avant-garde russe dans les collections du Centre Pompidou

URL:http://marc-chagall.jp/
会期:2010年7月3日(土)~10月11日(月・祝)
会場:東京藝術大学大学美術館

作品について、

個人的なお気に入りは
ナターリャ・ゴンチャローワの連作
<舞台の肖像>

興味深かったのは、
シャガールが舞台美術を手がけた
歌劇「魔笛」のデザイン画。

デザインの時点で
すでに芸術になっているこれらを
さらに舞台にのせるまでにした製作者たちも
スゴイ!

シャガール(1887-1985)は
旧ロシア帝国のヴィテブスク(現ベラルーシ共和国)に
ユダヤ人として生まれました。

冒頭に展示されている<死者>という絵には
屋根の上のヴァイオリン弾き
が描かれています。

同名のミュージカル音楽が
しばらく頭をめぐっていました。

拍手

PR

ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
菜っ葉
バーコード
天気予報

Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]